先輩インタビュー

和田智憲
設計グループ [35歳 入社3年目 A型]

入社したきっかけは

神奈川県生まれで、大学卒業後、信州で木材加工の仕事に就いていました。しかし、この不況下で安心して暮らすためには金属の方が良いと判断して転職しました。

現在の仕事は

株式会社荻窪金型製作所 和田智憲

お客様と打ち合わせをして設計図を起こしていきます。これは木材加工の仕事の時と同じ流れなのですが、現在の方が遥かに難しいんです。それは図面の数字です。1000分の1ミリ、非日常単位のマイクロメートルなのです。例えて言うなら、金属の表面にマーカーペンで線を引いただけで誤差が生じるという世界です。

やりがいは

株式会社荻窪金型製作所 和田智憲

マイクロメートルの世界を正確に導くのは、やりがいになりますね。現在はまだアシスタント的な仕事なのですが、3年目になって、今まで点と点だったものが理解できて線となり、ようやくスタート地点に立ったという感じです。今はまだ無我夢中ですが、自分でも意欲的に取り組めているので充実しています。

社長はどんな人ですか

面接の時に初めてお会いした時と同じく豪快でリーダーシップがあり、カッコいいと思います。「異業種でもやる気のある人は採用する」と言われ、チャンスをもらったと思っています。

入社を希望する人にメッセージを

毎日が充実しているので、私にとって転職は成功でした。前職は問わないという方針ですから、設計の仕事が好きな人には向いていると思いますね。話しやすい職場ですから、やる気さえあれば頑張れると思いますよ。

お問い合わせはこちら

株式会社 荻窪金型製作所

〒399-8601
長野県北安曇郡池田町大字池田90番地
電話0261-62-2191
お問い合わせ