社長メッセージ

近未来を設計するのが仕事です。持ち物はやる気と好奇心ものづくりの極意を教えます
代表取締役 荻窪文博
株式会社荻窪金型製作所
代表取締役社長 荻窪文博

ものづくりは好奇心。

当社は1962年(昭和37年)の創業以来、総研削加工による精密プレス金型の専門メーカーとして独自の分野を研究・開発しています。家電や半導体から始まり、近年は主に新時代の自動車関連の金型が主体となっています。自動車といっても試作金型の開発・製造が含まれますから、数年後に製品化されるかどうかという試行錯誤の段階での製品を作る金型ということになります。

工場の風景

もちろん量産順送金型の製作も行っています。いずれもNC加工機やCAD/CAMを導入し、ソフトで管理したシステムの下で、効率良く製作しています。

顧客のニーズに決まった形はありません。まして試作金型となれば、数年後の製品のゼロからのスタートに携わる最先端の開発です。これらは決して表に出る仕事ではありませんが、確かな技術で未来を支えているという自負と誇りを感じる仕事です。現代にも未来にも好奇心を持って望めるものづくりが当社にはあります。

会社は文化‐人材の育成に力を注いでいます。

「会社は文化」だと思っています。文化とはものづくりの文化であり、社員とその家族たちが幸せに暮らせることも文化のひとつだと思っています。

当社では「3S」‐Simplification(単純化)、Standardization(標準化)、Specialization(専門化)‐を基本にその多くをデータベース化しています。

代表取締役 荻窪博文

しかし、それらをパソコンのデータだけに頼るのではなく、ものづくりの現場にいる者の使命として、指先や手、身体で覚える感覚も継承しています。なかでも製品の要といえる「水平」と「垂直」にはとことんこだわり、社員の多くが研削加工で1マイクロメートルを調整できる感覚を身につけています。これも当社の自慢のひとつといえるでしょう。

また、こうしたものづくりの精神や技術の継承は社内だけではありません。当社では国内外からの研修生を随時受け入れているほか、地元にある池田工業高校の生徒が現場を体験する「池工版デュアルシステム」にも参画し、実際のものづくりの体験の場を提供しています。

海外を知り、自分の技術を知る。

当社に入社後は加工や検査などで現場を経験し、ひと通りの仕事を覚えることから始めます。年齢的には30代前半くらいまでが望ましく、若年層であれば前職は問いません。むしろ未経験の方が当社の“カラー”を受け入れやすいのではないかと思っています。カラーと言っても、大きな決まりやノルマがあるわけではなく、当社が蓄積してきた技術や文化の継承という意味ですから、個々には十人十色で良いのです。

代表取締役 荻窪博文

ただし、ものづくりは創意工夫ですから、好奇心は旺盛な方が良いですね。そういった意味からも、社員には海外旅行をおおいに薦めています。

若い人たちには、できるだけ海外を見聞してほしいと思うからです。外を見ることで自分の立ち位置を知り、視野が広がります。また、海外で見聞きしたことを家族に話すことで、子どもたちの視野も広がると考えています。

当社は2012年には創業50年。半世紀の実績と蓄積をふまえ、次世代のものづくりを一緒に考え、ものづくりの楽しさや尊さを伝承する新しい力を待っています。

ものづくりに興味がある方、経験は問いません。やる気と好奇心に満ちた若い力をお待ちしております。

お問い合わせはこちら

株式会社 荻窪金型製作所

〒399-8601
長野県北安曇郡池田町大字池田90番地
電話0261-62-2191
お問い合わせ